FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックホリック。

前回は音楽の話をしたので
今回はマンガの話でも。


最近(もっと前からか)はマンガに対する抵抗みたいなものって
かなり減りましたよね。
一昔前は嫌悪の対象であったオタク系のマンガでも
いわゆるフツーの学生が貸し借りしたり
その感想を電車の中で語ったりしているのをよく見かけます。


爽やかなオタク……なんと妬ましい!(笑)


僕だってオタク趣味が世の中に膾炙された時代ならば
気弱で引っ込み思案な着痩せするタイプの眼鏡美少女と
百鬼夜行抄やちはやふるを貸し借りしつつ
清い交際をしたかったよ!
そんで誕生日に手作りのしおりとかもらって食べたい。

いや、でも目付きのキツイ貧乳黒髪ロングの美少女もいいな。
いつも保健室登校してて、消毒液が漂いクリーム色のカーテンが泳ぐ中で
黒田硫黄とか中村明日美子のマンガについて語らうんだ……。
そんで茹でた鶏卵を彼女の下半身に……

……まあ妄想はこの辺にして。


僕はもっと薄暗い青春を送ってましたね。
マンガとアニメのみが友で、周囲にバカにされつつも
ただひたすらに一人で観賞を続けていました。
すがるものがそれしかなかったので。

今思うともっと別のことも出来たはずなんですが
不器用だった僕は『自分にはこれ以外ない』と思い込んでしまって
その奇妙な情動が別の道を選ぶことを許さなかったんだと思います。

それと、若い頃特有の『自分が特別である』という根拠のない自尊心が
(当時は)マイナーであるオタクという道を選ぶ事に拍車をかけてしまった。
閉塞したが故に、エネルギーも全部そっちに向かっちゃったんですね。
気付いたときには手遅れ。
根暗なオタクのいっちょあがりです。


それでも僕がこの道を選んでよかったと思えるのは
ひとつのマンガとの出会いがあったからでした。
それこそまるでマンガのように
今までの人生をぐるりと変えてしまうような出会いが。

それは五十嵐大介さんの「魔女」です。
アフタヌーン、ビーム、イッキ系の界隈では
有名なマンガだと思います。
うーん、初めて読んだあの衝撃は忘れられない……。


この作品が僕の人生をどのように変えたかは
ここに書くにはちょっとスペースが狭すぎるので
またの機会があれば、ということでご勘弁を。

よかったら、読んでみてくださいね。


マンガについて書くと言って
おすすめが一作品だと味気ないので
好きなマンガ家さんを申し訳程度に挙げておきます。

男性だと冨樫義博さん、黒田硫黄さん、五十嵐大介さん
女性だとよしながふみさん、志村貴子さん、羽海野チカさん、市川春子さん
あたりが好きです。
うーん、統一感ないな……。


コメント返信
ちなみにコメント返信は
しばらくは初めてコメくれた方にはまず返そうかな程度のゆるい考えでいます。
いつか突然やめてしまう可能性もありますのでご了承を。


>後田様
ありがとうございます。
3巻楽しんでいただけると嬉しいです!


>びんと様
いや、本当に大した事書かないですよ(笑)
日々の雑事を綴る程度ですから。
指さして笑っていただけたらそれだけで充分ですので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

広沢サカキ

Author:広沢サカキ
『アイドライジング!』で第17回電撃小説大賞金賞を受賞し、デビューしました。ひよっこですが、よろしくお願いします。

Twitter
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
訪問者数
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。